日语之家 - 致力于打造最好最专业的免费日语学习网站!

日语之家

钓鱼岛是中国的!!钓鱼岛是中国的!!钓鱼岛是中国的!!钓鱼岛是中国的!!
当前位置: 日语学习网_日本文化_

为何在日本丢了东西一定能找回?

时间:2017-08-14 07:26来源:日语学习网站 作者:日语之家 点击:
「皆様が何か落し物をしても、きっとそれは戻ってきます。お金の入ったお財布でも、昨年1年間だけでも3000万ドル以上も現金が落し物として警察に届けられました。世界各国の旅

「皆様が何か落し物をしても、きっとそれは戻ってきます。お金の入ったお財布でも、昨年1年間だけでも3000万ドル以上も現金が落し物として警察に届けられました。世界各国の旅行者7万5000人への最新のアンケートでも東京は世界一安全な街とされました。」 [本文来自www.RiYuzhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

“不管大家丢了什么东西,一定能找回来的。即使是里面有钱的钱包,仅去年一年,就有3000万美元以上的现金被作为失物送到警察局。通过世界各国7万5000名旅行者最新的调查显示,东京被认为是世界上最安全的城市。”

[本文来自www.RiYuzhijia.com]

[内容来自www.riYuZhijia.com]

[本文来自www.RiYuzhijia.com]

「お・も・て・な・し」で話題になった滝川クリステルのスピーチでは、日本の治安の良さをこんな風に紹介した。日本で落とし物をした外国人は、それがたとえ現金であっても、手を付けられないまま手元に戻ってくることに非常に驚く。 [www.RiyuZhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

在以一句“お・も・て・な・し”(款待)成为话题的泷川克里斯汀的演讲中,如是介绍了日本的治安良好。在日本丢了东西的外国人,就算是现金,对于没被人拿走而就这样原封不动地回到自己手里,感到十分震惊。

[内容来自www.riYuZhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

事実、東京都で2014年に落し物として届けられた現金が約33億4000万円に上り、そのうち約74%の24億7000万円が持ち主に戻ったことが、警視庁のまとめで明らかになった。

[www.RiyuZhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

事实上,警视厅的统计表明,2014年在东京都作为失物送到警局的现金大约有33亿4000万日元,其中74%的24亿7000万日元回到了失主手中。

[www.RiyuZhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

なぜ、日本では落とし物をしても必ず戻って来るのか。逆に、なぜ海外では落とし物をしたら最後、戻ってこないのだろうか。そこで今回は、日本で落とし物が高確率で戻って来る理由として考えられるものを5つにまとめてみた。あなたはこれらの理由を聞いて、どう思うだろうか。

[www.RiyuZhijia.com]

[内容来自www.riYuZhijia.com]

何在日本丢了东西一定都能找回来呢?相反,为何在国外丢了东西就找不回来呢?这次,为您总结了5个在日本丢了东西大概率能找回的理由。您不妨来听听,说说自己的想法吧。

[内容来自www.riYuZhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

1身近な「交番」という存在 [本文来自www.RiYuzhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

1身边那个叫做“交番”(警亭)的存在

[www.RiyuZhijia.com]

[本文来自www.RiYuzhijia.com]

[本文来自www.RiYuzhijia.com]

「落とし物」を語るうえで、交番の存在が果たす役割は大きいだろう。日本の治安が良好な要因のひとつは全国の交番にあるのではないかと言われるほど、他の国からの注目も高い。警察庁生活安全局地域課の統計によると、2006年4月1日現在の全国の交番数は6,362カ所、交番勤務員は約48,700人である。 [内容来自www.riYuZhijia.com]

[本文来自www.RiYuzhijia.com]

要说“失物”,那么警亭的存在真是起到了很大的作用。日本治安的良好很大一个因素就是全国各地都有的警亭,别的国家对此也很关注。根据警察厅生活安全局地域课的统计表明,2006年4月1日全国的警亭数为6362所,警亭工作人员为48700余人。

[www.RiyuZhijia.com]

[内容来自www.riYuZhijia.com]

市民に身近な「お巡りさん」が常にいてくれる場所=交番があるおかげで、落とし物をしたときに何をすべきかということがはっきりしている。日本では、子どもの頃から「道端でお財布やモノを拾ったときは交番に届けよう!」と教えられるが、こういった教育ができるのも市民に身近な「交番」という存在があるおかげである。交番に行って落とし物を届けたら、それがどういう手順でどういう処理をされるのかというのも、ある程度想像がつく。

[本文来自www.RiYuzhijia.com]

[内容来自www.riYuZhijia.com]

市民身边的“巡警”常在的地方,就是警亭,那么丢了东西该怎么办就很清楚了。在日本,从孩童时期开始就被教导“在路上捡到了钱包或其他东西,要交到警亭!”能形成这种教育,也多亏了有市民身边的“警亭”存在。把失物交到了警亭,之后是怎样的程序、该怎么处理,就很容易想象得到了。

[本文来自www.RiYuzhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

しかし逆に海外では、落とし物を拾ったとしても(落とし主がすぐ近くにいない場合)、どういう手順で何をすればいいのかわかりづらい。日本にあるのような「落とし物預かり所」を、日本以外で見かけたことはない。警察に届けるにしても、自分の住んでいる地域のどの場所に警察署があるのか知らない人も多いし、数も少ない。何といっても日本の「交番」より敷居が高く、どの窓口に行くべきなのか、どんな手続きをし、どれくらい待たされるのか?といったことが想像つきにくいし、日本ほど周知されていないように感じる。 [www.RiyuZhijia.com]

[www.RiyuZhijia.com]

(责任编辑:日语之家学习网)

------分隔线----------------------------
推荐内容